FC2ブログ

Seraphilia

目覚めとアセンションを目指して

このページ内の記事タイトルリスト

 5月に入って、また自分の意識が変わったな、と思いました。
 実家からこっちに帰ってきた時、全然感覚が違っていて、知らない場所に来たような感じ。
 でも、本当にそうだったのかもしれません。
 なんでかというと、しばらく前から見つからなかった下着が、何故か実家にあったからです。

 ワークショップに行くときは、なるべく白で行くようにしているのですが、持っている下着はほとんどが色付きで、白は1枚しかないんですよね。で、先月まであったのに、今月着ていこうとしたら、家にない! 洗濯したときに階下に落として、そのまま捨てられた? と思いましたが、落とすような干し方はしていないし、おかしい。
 と思っていたんですが、5月の連休の後半に帰ったら、何故か実家にありました。
 同じ下着を1枚は実家に置いているんですが、2枚あるし‥‥
 正月以降、実家には行ってなかったので、なんでそっちのタンスに入っていたのか不思議です。知らぬ間にタイムラインがまた変わったのか?

 意識の変化の方は、探している服の色に現れている感じです。
 昨年から妙にマゼンタ色が気になっていて、今年はとうとうマゼンタ色のキュロットを買いました。昔だったら、派手だから絶対に着ない! と思っていたであろう色です。
 そしてまた、すごい明るいオレンジ色が今、気になっています。まだあったら、明日あたり、買いに行こうと思っています。

 昨年、Iさんから、「311以降、服の色相が戻っていない」と言われていたんですが、元号改定の前後、めでたい時期のはずなのに、暗い色の服ばかりが売られているのが気になっていました。
 明るい色でも暗色が入っていて、色彩が暗いんだよね。昔の綺麗な色の服をとっておけばよかったかな、とちょっと思いました。
 最近は少し明る目の服が目に付くようになったけど、やはり明度の高い色の服というのはほぼ皆無。これも無意識レベルの操作の一環なのかも。

 あとは、4月末にハープのミニ講習会へ行ったんですが、そこで急に意識が変わったみたいで、音叉に興味が出始めました。
 そうしたら、『anemone』で音の特集を組んでいたり、仲間の1人から紹介された人がシンギングリンをやっていたりして、音シンクロが続きました。確か一昨年にはハープ・シンクロがあったので、それと同じなのかな? と思います。
 音叉の情報はこれから集めるというところですが、何か有益な情報があれば教えて頂ければと思います。

 それともう1つ、2月に本を書こうと思い立って、少しずつ書き溜めていたスピリチュアルの原稿を、5月の連休中、実家にいる時に音声入力していました。
 ページ的には80枚くらい(40×40×80字)なんですが、音声入力の精度が悪くて(マイク使ってないからかも)、そのままでは使い物になりません。今は断捨離にかまけていることもあり、修正も止まったままなので、どこかで少し時間を割いて、原稿を書き直そうと思っています。
 8月までに仕上げたいと思っていますが、そっちを優先にしないと、また先延ばしになりそうです。
 今月で一度、断捨離を中断して、本を書くのに専念した方がいいのかも。集中すれば、1カ月でできるはず。

 どのみち、今の状態では書く時間がないので、いっそのことウェビナーみたいなのをしようかと思いましたが、まだ未定です。

 また、夏至に向けての浄化で、6月9日(日)に瞑想、6月15日(土)に新宿御苑で天使とのエネルギーワークを行います。人が来る、来ないに限らず、自分のために御苑でワークしに行く予定ですが。でも、9日は仲間の1人が来る予定なので、雨が降らない限り、やりますけど。
 肝心の夏至の日は、山の方にある神社へ行きたいと思っていますが、近場で済ませるかもしれません。でも、人のなるべくいない、自然のいっぱいあるところへ行きたいんですよねー。

 しばらくは、音叉関連の情報を集めています。
 それと、グラウンディングすべく、意識を肉体に向けて、体調管理をしっかりしていきます。身体の感覚がかなり変化してきているので、ここでしっかり整えて、夏至を迎えたいものです。

スポンサーサイト
テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体
    posted at 23:52 | 不思議な話 | CM(0)
Gさん、Hさんとワーク終了後にお茶をしました。
そのときに、パラレルの話が出てきました。

ケネディ大統領が実は暗殺されていなかった説というのは知っていましたが、聞いたことのない歴史上の出来事があって、驚きました。社会科とか歴史の授業でも習ったことがなかったし、今まで誰からも聞いたことがない。でも、ネットで検索かけると確かに出てくる‥‥
他にもいくつかの話が出て、自分の記憶と実際のものを確認した上で、3人でそれぞれの認識をチェック。

結果、3人ともこの世界で起きていた第二次大戦時の出来事は知らない。
そして、とある場所の位置を認識している場所が、Gさん、Hさんは同じだけれど、私は違う。
もしかしたら、ちゃんと覚えていなかっただけなのでは、というものもありますが、それでも3人が3人とも知らないことが現実としてあるというのは、パラレルに移行しているんだよね、という話になりました。
しかも、この3人も、それぞれが違う次元から来たんじゃないかと思えるわけです。ちょっとずつ認識が違うから。

確かに、数回、「次元が変わったかな」と体感があったこともありましたが、それが目の前に分かる形で現れるとは思ってもみませんでした。
なので、気付いた時に、こまめに「間違い探し」をしようかと思います。まあ、時間が経ったら忘れている可能性が大ですが、驚愕の事実を突き付けられたようなものなので、また自分の認識が変わりました。

それから、お茶していたのは1時間半くらいだったと思っていたのですが、実際には45分くらいしか経っていなくて、これも3人で「時間が延びた」と言ってました。

今年は去年よりエネルギーの変化が早いと思っていましたが、どうやらそれだけではない模様。
それに、自分がずっとやりたいと思っていたことも、いろいろ叶っているだけでなく、それ以上のこともあったので、宇宙が本当に急いでいるのだな、と思います。

そんな不思議話を聞きたい方は、ぜひ4月27日(土)の瞑想とエネルギーワークの会にお越し下さい。リクエストが特になければ、普通の瞑想とエネルギーワークだけで終わっちゃいますけど(w)

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体
    posted at 22:14 | 不思議な話 | CM(0)
 寒い時期に腰を痛めましたが、その時のことです。
 動くのが辛かったので、とある日のこと、レトルトのカレーを買ってきて、それを食べました。添加物や肉類の入っていない野菜カレーなのですが、温め方が足りなかったのか、それとも体質に合わなくなってきていたのか、どうやら中ってしまったようです。あまり口に合わなくなってきている気がしていたので、やめればよかったのかもしれませんが、安いのでつい買ってしまいました。
 お湯はいつもポットで沸騰させてから鍋に移して使うのですが、沸騰しやすい分、温め方が足りなかったのではないかと思っています。いつもはしっかり温めるんですが、お腹が空いていたのと、腰の痛みとで、あまり時間をかけなかったのかもしれません。

 それから1週間ほど、あまりまともに食べられなくなりました。胃が受け付けないというか、あまり食べたくないのです。まったく食べないのもまずいと思ったので、1日1回くらいはおかゆなどを食べましたが、ともかくお腹が空かない。いつも3食、きっちり食べないとお腹が空いてどうしようもなかったのに、ほとんど食べないというのは自分には考えられないことでした。

 1週間ほど経つと、いつものように食べられるようになったのですが、それも数日のこと。
 胃の調子があまりよくないというのは前からあったので、胃を休めるいい機会なのかもしれません。それに、食べ過ぎの傾向はあったと思っているので、そういう意味ではちょうどいいのかもしれません。

 でも、明らかに食欲が落ちているなあ、と思います。腰を痛めたからなのか、それともあのカレーに中ったのがきっかけなのかはわかりませんが、胃の働きが落ちています。なので、夜に食べると、それが消化し切れずに朝まで残っている感じなのです。

 最近になって、朝と夜は軽く食べて、昼間は普通の量を食べるようにしています。朝抜くと夜はしっかり食べてしまいかねないので、今のところ、そういった感じ。食事は朝抜くときもありますし、夜に抜くときもあります。食べたくなったら食べる、という感じです。

 身近なところで、Kさんが不食だったり、Hさんが1食だったりするのですが、今まで、どうやったらそんなことができるんだろうと不思議に思っていました。自分では、食欲をなくすのはできないだろうなー、と思っていたのです。食べる量も多いし、1食抜かすのも辛いので、できなかったのです。
 高校生の時に興味があったので、3日間かけて断食をしたことがありますが、それとはまた違います。

 今はもしかしたら、食べないでいることができるのかもしれません。まったく食べない日もありました(食欲がわかないから)。無理をして、「食べないでいよう」というのとは違います。
 なんとなく胃がおかしい感覚は、医者へ行って薬をもらえば治るのかもしれませんが、今のところ、行く気はしないです。ものすごく気になるようなら、すぐに行くのですが、そういうのとも違う感じです。
 もしかしたら、一時期、不食についていろいろと考えていたので、こういうことが起こったのかもしれません。これも一種の引き寄せなのかも?

 しばらくは様子を見ながら、食事の摂り方や量を調整していこうと思っています。
 食事の量が減ったことで、毎日、帰宅後に何かを作るということがなくなって、楽になりました。買い物の回数も量も減りましたし、エンゲル係数が少なくなりました。
 とはいえ、いきなり食べなくなるのもどうかと思うので、その辺は気を付けたいと思います。身体があってこそ、食べる楽しみもあるというもの、というのがこの体験でなんとなくわかりました。

 今度のワークショップでKさんとHさんに会うと思うので、その時に話してみようと思います。どんな反応が返って来るのか、楽しみです。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体
Tags: 不食
    posted at 20:58 | 不思議な話 | CM(0)

ひと安心

03.19.2018
 引っ越して、ちょうど今日で2カ月。
 3月初旬頃まで、近所からの煙草の臭いに悩まされていたのですが、ここ2週間ほど、まったく臭いがしなくなりました。朝、キッチンが煙草臭かったり、トイレに煙草の臭いが籠っていることがあったのですが、それもなくなりました。時間帯がずれたので煙草の臭いがしないだけなのかも、と思いましたが、そうであればトイレに臭いが残るはずなんですが、それもありません。

 臭いがしなくなる前に、いつも立ち寄る神社でお願いしたんですよね。煙草の臭いがなんとかなりませんか、って。それまでもお参りはしていたんですが、ある時ふと煙草の臭いで困っていることを思い出して、その神社でお願いしました。
 その後から、煙草の臭いがあまりしなくなりました。2、3回は少ししましたが、今のところ完全に部屋の中で煙草の臭いがするということはなくなりました。本当に良かったです。感謝、感謝。

 ちょうどその辺りから、エネルギーワークで土地の浄化も始めたので、連動してなのかなあ、とも思いますが、ともかくホッとしました。
 そういえば、煙草の臭いが入って来ないように、更なる目張りをする予定だったのですが、いつの間にか臭いがしなくなったので、隙間テープが未使用の状態で残っています。

 先々週の休日に町を歩いていると、「空海」という映画が上映されているようで、ちょっと観に行きたくなってしまいました。原作は夢枕獏。面白いのでしょうか?
 そのポスターを見ていたら、今年はエドガー・ケイシーの映画が上映されることを思い出しました。
 ネットで調べてみると、『リーディング』は長野、名古屋、大阪でしかやっていない‥‥いずれも遠い上に、もうすぐ上映期間が終わりそうです。配給が限られているというのは、何かあるのかな? 観たいと思っていたんですが、スケジュール的に厳しい。東京でやってくれると嬉しいんですが。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記
    posted at 21:20 | 不思議な話 | CM(0)
 2月の初旬、LL練習会で仲間と上野のアンデス展と動物園へ行ってきました。
 パンダ見学の整理券をもらうために長蛇の列ができていた動物園は、午後になると空いていたので、入ることにしました。混雑している中で練習も何もないし。
 とは言え、博物館も動物園も、ほとんど、ただ見るだけになってしまってましたが。やっぱり視覚を使うものは、視覚に気を取られるなあ。

 パンダ

その時は自分だけではなかったこともあり、すっかり忘れていましたが、喉は痛くありませんでした。



 そして昨日も、気になっていた「サウジアラビアの至宝」と「仁和寺と御室派のみほとけ」を見に、上野へ行ってきました。初めて全部の建物で開催されている展示品を見ましたが、平日の方が時間が長いので、ゆっくり見たいなら平日の方がいいかもしれません。お昼を取らずに急ぎ足で回ったので、最後にはクタクタでした。
 で、気づいたらやっぱり、喉の痛みはありませんでした。原発事故以来、上野駅周辺を歩くと、喉がヒリヒリと痛んでいたんですよね。


 やっぱり、前回、引っ越したときにお参りに行った、地元の神社がきっかけかなあ、と思います。そこから意識もちょっと変えているので、それもあると思います。


 その時の話ですが、引っ越して2週間経った土日に、ようやく地元の神様にご挨拶へ行けると思って、その神社へ向かっている時から、「今日は喉が痛くないなあ」と思っていました。その神社は、いつも半端なく喉が痛くなる駅の近くにありました。だから、土地神が祀られていなければ、絶対に近づかないであろう地域です。 お参りの日は、嘘のように喉が痛くなくて、不思議でした。



 結局、それ以降、たまに喉が痛くなるのを感じたことはあっても、心の中で土地神にお願いすると、喉の痛みが和らいだのですが‥‥
 まさか他の土地でも喉の痛みがなくなるとは思ってもみませんでした。その土地、その土地の神社に詣でてお願いしないといけないかな、と思っていたからです。


 ちょうど同時期に、自分の意識を変えるというのを少しずつ試みてまして、それと上手く合致したのかな、とも思います。

 なんにせよ、喉の痛みを気にする必要がなくなったので、万々歳です。

 この話を会社の朝礼でしたら、同じ課のHさんが、「僕も原発事故以降、喉が痛くなるんですよ」と言われてました。やっぱり同じ悩みを持つ人もいるんですね。なので早速、地元の神社へお参りに行くように勧めておきました。ただ、それでどうなるかはわかりませんが。

 他に喉が痛くなる場所はまだ検証してませんが、これからはもうそんなことはないのかも。
 なんにせよ、喉の痛みがなくなるのは嬉しいです。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体
Tags: 原発
    posted at 22:53 | 不思議な話 | CM(0)
プロフィール

時任美由起

Author:時任美由起
熾天使とのエネルギーワークを中心に、自分の本質に繋がるための浄化や統合のワークもしています。
今年(2019年)の2月になって、本当に自分が変わってきたという実感があります。もっと大きく飛躍していきたいので、このままエネルギーワークを続けていって、本来の自分に繋がっていければと思います。

今、住んでいる地域で、瞑想とエネルギーワークをしようと画策中です。たくさんの人に、自分が知っている知識を伝えることができたらと思います。

趣味は旅行、神社仏閣や史跡巡り、エネルギーワーク。

カテゴリ
カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ヒーリング等ご案内

1週間、浄化と健康、豊かさのためのワークを行います 自分の本質に繋がるための浄化をして、本当の豊かさを手に入れる

フリーエリア
RSSリンクの表示